40代で行う乾燥肌への対策

40代で行う乾燥肌への対策

加齢とともに肌の乾燥に関係しているセラミドとヒアルロン酸という成分が減少していきます。皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織という構造になっていて、セラミドは肌の表皮部分にある成分です。外からの刺激や水分の蒸発などから、肌や内部の角質層を守ることで水分保持を行い肌の潤いを保つ役割があります。また、ヒアルロン酸は、少し深いところの真皮部分にあるゼリー状の成分です。こちらも、肌の水分保持をしてはりや潤いを保つ役割をしています。

 

しかし、セラミドは40代になると半分ほどに減ってしまう他、ヒアルロン酸も40代後半には激減してしまいます。これは肌の保湿力の低下を引き起こし、外部からの刺激を受けやすくなることと、肌の水分の蒸発を増やすことになり、様々な肌トラブルの原因になります。そして、そのまま何も手を打たず放置しておくと、乾燥肌を引き起こして、しわやたるみを作る原因になるので補充することが大切です。

 

まず、肌の深いところにあるヒアルロン酸は、体内から補充することが効果的で、サプリメントや食べ物で補う方法がよいと思います。食べ物では、コメや小麦、トウモロコシ、ほうれん草、こんにゃくなどが効果が大きいとされています。これらで不足する場合はサプリメントを合わせて取ることをお勧めします。その他、ヒアルロン酸が含まれた化粧品などもあるので、外からのスキンケアも一緒に行ってみるとより効果が期待できるのではないでしょうか。

 

そして、肌表面にあるセラミドの補充には、化粧品でのスキンケアが効果的です。これは、できるだけ高濃度のものがより高い効果が望めます。

 

このようにして、まずヒアルロン酸が補充され増えてくることで肌の深い部分の保湿力が戻ってきます。そしてやがて皮膚の表面部分の保湿力も回復していき、セラミドの働きを助け乾燥肌の改善につながっていきます。乾燥肌対策は40代になると特に大切になってきますので、自分に合う方法を見つけることがきれいな肌を保つ秘訣ではないでしょうか。